教えて膀胱炎 Archives | 膀胱炎の原因と再発防止策

膀胱炎の再発を防ぐには

教えて膀胱炎

細菌による尿道の炎症

教えて膀胱炎

細菌と炎症

細菌が体内に侵入すると炎症が起こることがあります。
尿道に侵入すると、尿道での炎症が起こることもあるのです。
女性がなりやすいという膀胱炎とは、この尿道の炎症のことなのでしょうか?
膀胱と尿道は近い位置にありますから、尿道で炎症が起こると膀胱にも影響があるように思えるでしょう。
しかし尿道の炎症と膀胱炎とは違う病気になります。
これらがどういうものか、よく確認しておくといいでしょう。

尿道の炎症とは

尿道の炎症とは男性がなりやすい症状となり、女性の尿道で炎症が起こるといった症状はあまり多くありません。
女性の尿道は短いため、尿道に細菌感染が起こることよりも、その先にある膀胱での細菌感染の方が起きやすいのです。
男性はというと尿道が長く、こちらで細菌感染が起きることもよくあります。
比較的よくある尿道の炎症は、性病によって起こるものです。
クラミジアや淋病など、よくある性病に性器が感染すると、男性の場合は尿道炎が起こります。

尿道に性病を引き起こす細菌が入り込み、炎症が起きている状態です。
この炎症が起きると排尿時に痛みや違和感を生じるようになります。
尿道にかゆみや不快感を生じるという症状もありますし、尿道から膿が出てくるという症状もあります。
よくある性病として知られていますが、性病とは関係ない尿道の炎症もあります。
普段はあまりないのですが、抵抗力が落ちているときに尿道に雑菌が入り込んだ場合、同じく尿道炎が起きることがあるのです。
性病に感染する出来事がまったくない男性でも、尿道の炎症は起こりえるため注意が必要です。
いずれにしても原因は細菌の感染ですから抗生物質によって治療できます。

膀胱の炎症とは

女性によくある膀胱炎とは、尿道ではなく膀胱で炎症が起きている状態です。
原因はやはり細菌感染で、女性の場合は尿道が短いですから、尿道を通過して奥の膀胱で炎症が起きることが多いのです。
これになったときの症状は、排尿時の痛み、下腹部の痛み、頻尿、残尿感、尿の濁り、血尿などとなります。
女性の方でこれら症状が出たらそれは尿道炎よりも膀胱炎の可能性がありますから、そのつもりで病院を受診するといいです。
原因は細菌の感染ですから、こちらも抗生物質の使用で治療できます。

気になる症状は病院を受診

尿道や膀胱で起きるそれぞれの炎症ですが、どちらも病院の受診先は同じで、泌尿器科で対応可能です。
女性の方なら婦人科でも相談できるでしょう。
排尿時の痛みなど感じたときは、これら病院で相談するといいです。

女性の膀胱炎の特徴

教えて膀胱炎

女性ならではの病気

膀胱炎の特徴として知っておきたいのは、これは女性ならではの病気となることです。
膀胱での炎症となるこの病気は、男性ではほとんど起こりません。
女性だとこの病気は起こりやすく、多くの女性が一度は経験するといわれています。
これはそのような病気となるため、特に女性の方はよく知っておくといいでしょう。
(さらに…)

尿意のコントロール

教えて膀胱炎

尿意のコントロールに注意

尿意自体は自分の意思でコントロールできず、自動的に来るものですが、しかし尿意が来ても我慢するなど、ある程度のコントロールはできますよね。
実際にいつでもトイレに行けるとは限らないため、このような尿意のコントロールはほとんどの方が毎日やっていることになるでしょう。
しかし女性がないやすい膀胱炎について、再発防止を心がけるなら尿意のコントロールは適度に留めておくことが大事です。
尿意が来ているのにそれを我慢しすぎるなどすると、膀胱炎が起きやすくなるのです。
(さらに…)

膀胱炎は痛い?

教えて膀胱炎

膀胱炎の症状

膀胱炎は女性がなりやすい症状です。
これになったときは少し痛い思いをすることがあります。
代表的な症状の1つは排尿時の痛みになっているためです。
尿は1日に何度かすることになりますが、このたびに痛い思いをすることになるため、膀胱炎になると女性にとってはストレスとなりがちです。
(さらに…)

膀胱炎の再発

教えて膀胱炎

急性膀胱炎(以下、膀胱炎)は一度発症すると、再発しやすい病気です。
その原因はどういうことが考えられるのでしょうか?
要因の一つには以下のような、膀胱炎になりやすい生活習慣が考えられます。
(さらに…)

女性に多い膀胱炎

教えて膀胱炎

前述したように、女性は身体の構造上、急性膀胱炎(以下、膀胱炎)になるリスクが高いので、大人だけでなく、女の子も膀胱炎になりやすいことがわかります。
女の子には、どんなことに気を付けてあげればよいのでしょうか?
(さらに…)

男性の膀胱炎

教えて膀胱炎

膀胱炎というと、8割は女性に起こるもので、男性の数は少ないです。
それは、男性は女性よりも尿道が長いので、細菌が膀胱に入る前に排尿によって洗い流すことができるからです。
普通の生活を送っていれば、男性が膀胱炎にかかることはほとんどありません。
(さらに…)

膀胱炎の薬の注意点と予防

教えて膀胱炎

ここでは膀胱炎の薬の注意点と膀胱炎の予防についてお話します。
抗生物質は、膀胱炎を起こす原因となっている細菌を死滅させるので、きちんと服用すれば膀胱炎の症状は治ります。
細菌感染による膀胱炎の場合は、ニューキノロン系抗菌薬または、セフェム系抗菌薬等の抗生物質が処方される場合がほとんどです。
それぞれの種類について見ていきます。
(さらに…)

膀胱炎の治療方法

教えて膀胱炎

膀胱炎には、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎、間接性膀胱炎等の種類があります。
女性がよく発症するのが急性単純性膀胱炎で、その80%は大腸菌の感染によるものです。
(さらに…)

膀胱炎とダイエット

教えて膀胱炎

あずきの煮汁を飲む小豆ダイエットというものがあります。
小豆の煮汁はダイエットになるだけでなく、膀胱炎の予防にもとてもいい飲み物です。
小豆に含まれるサポニンは利尿作用があります。
利尿作用のある食べ物はデトックス効果もあり、健康維持やダイエットに最適です。
膀胱炎になりやすい人にはもってこいの食材です。
(さらに…)