教えて膀胱炎 Archives | 膀胱炎の原因と再発防止策

膀胱炎の再発を防ぐには

教えて膀胱炎

膀胱炎の泌尿器科への通院

教えて膀胱炎

膀胱炎の初期症状

膀胱炎になってしまうと、どのような症状になるのかわからない人も多いです。

そもそも普通に日常生活を送っている人は、膀胱炎になるということもないでしょう。

膀胱炎というのは、主に排尿などを我慢した時、尿が長時間膀胱に貯まることによって発症する病気と考えられています。

尿には不要な成分が多く含まれており、簡単に言えば身体に必要ないものです。

それを身体の中に留めておくというのは何となく危険というのもわかるはずです。

この膀胱炎になってしまうと、まず膀胱周辺に違和感を抱くようになります。

ちょっとした下腹部の痛みはもちろん、排泄口の痛みを伴うこともあります。

膀胱が炎症を起こしている状況なので、行動を起こすことが起爆剤となって痛みを起こすのです。

それはあくまでも初期症状ですが、症状が悪化すると痛みが大きくなることもあります。

その他、残尿感を抱くようになり、頻繁にトイレに行くことも多くなります。

いわゆる頻尿というものになってしまうことも多く、日常生活に影響が出ることも。

初期症状をしっかり頭に入れておき、早めに治療をしましょう。

膀胱炎の通院

膀胱炎になってしまったら、通院をすることが必要となります。

多くの人は泌尿器科に行くのですが、女性となると婦人科に相談する人もいます。

男性だと泌尿器科の男性医師に相談することができますが、女性だと抵抗があるという人も少なくありません。

そのため、膀胱に異変を感じた時には婦人科の女性医師に診てもらうという人も多いです。

基本的には初回の診察で膀胱炎かどうか判断してくれます。

何度も通院するというよりは、初診で診察が終わって治療に入るのが普通です。

膀胱炎は炎症を引き起こしている状態ですが、通常であれば数日もあれば治ります。

ただ、無理に我慢して症状が悪化している時には1週間以上かかることもあるでしょう。

おおよそ通院の回数は診察と経過観察を含めて2回~3回となります。

相当な重症ではない限り入院となることもないので、安心して通院してください。

膀胱炎の再発防止

膀胱炎は生活習慣などが関係していることも多いため、再発することもあります。

原因となるのは尿を膀胱に貯めておくことなので、普段から我慢する人は一度治療したとしても再び膀胱炎になってしまうこともあります。

また、それが癖になってしまうと、その他の病気を引き起こすこともあるのです。

再発防止のためには、尿意を感じた時にはすぐに排泄することが重要です。

それを意識するだけでも再発防止になります。

膀胱炎は婦人科?泌尿器科?

教えて膀胱炎

膀胱炎は女性も男性もなる病気

膀胱炎は女性も男性もなってしまう可能性のある病気です。

しかもそのきっかけはちょっとしたことでも起こり得るものであり、放置すると危険です。

例えば、会社や企業に勤めている人は、仕事で忙しく、トイレに行くのを我慢することもありますよね。

そういうちょっとした状況が重なるだけで、実は膀胱炎になってしまうことがあります。

膀胱炎は本来、排泄しなくてはならない尿を膀胱に貯めておくことができる臓器です。

ここでポイントとなるのが、排泄しなくてはならない尿を貯めているということです。

つまり、不要なものをずっと膀胱に入れておくことになるため、それによって膀胱炎だけではなく、他の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。

男性も女性も膀胱炎になるということを理解し、尿意を感じたら排泄するようにしましょう。

女性なら婦人科がおすすめ

女性が膀胱炎になった場合には、どのような診療科目に相談すれば良いのでしょうか。

婦人科、泌尿器科のどっちでも大丈夫ですが、ここでおすすめするのは婦人科です。

女性のための診療科目、それが婦人科です。

なお、婦人科と言えば妊娠や出産のイメージがあると思いますが、それ以外も診察可能です。

特に女性特有の悩みである恥部や胸、お尻などに関する病気についても相談できます。

膀胱炎になったとしても、女性が男性医師に相談するのは勇気が必要ですよね。

もちろん婦人科には男性医師もいるのですが、中には女性医師だけのところもあります。

女性医師なら、同じ立場に立って治療を進めてくれるので、より安心して相談できます。
(さらに…)

膀胱炎は泌尿器科へ相談

教えて膀胱炎

膀胱炎の原因

膀胱炎とはよく聞くものの、具体的に何が原因というのはわからない人も多いです。
あまり難しい言葉を使うとわからなくなるので簡単に説明すると、膀胱炎は尿の排泄を極度まで我慢することによって発症する病気です。
人間は飲食によって体内に栄養を取り入れます。
しかし、取り込んだ飲食物の中には不要なものもあります。
それらを尿や便に分解し、最終的には体外に排泄するのです。
その段階で膀胱には尿を溜め込むことができるのですが、それが限界を超えると膀胱炎などの病気になってしまいます。
身体に不要なものであるはずの尿を長時間溜め込んでおくことによって、より膀胱炎になってしまうリスクも高くなります。
実はおしっこを我慢するというよりは、それによって不要なものを体内に留めておくというのが身体にとっても良くないものです。
まずは膀胱炎の原因を知り、普段の行動に気をつけることが必要です。
(さらに…)

単純性膀胱炎の完治にかかる時間

教えて膀胱炎

単純性膀胱炎の治療期間について

単純性膀胱炎とは女性に多い症状で、いわゆる膀胱炎とだけいわれるときにはこの単純性膀胱炎を指すことが多いです。
膀胱の中に細菌が入り込み、それが増殖することで炎症が起きる病気で、排尿時の痛み、頻尿、残尿感、尿の白濁、血尿などの症状が現れます。
女性は尿道が短く、膀胱に細菌が入り込みやすいために経験しやすい病気です。
この単純性膀胱炎になったとき、完治までにはどれくらい時間がかかるのか、気になるところでしょう。
(さらに…)

単純性膀胱炎の治療

教えて膀胱炎

単純性膀胱炎の治療

単純性膀胱炎とは膀胱に細菌が侵入して繁殖し、炎症を起こすことによって排尿時の痛みや頻尿など、さまざまな症状が起こる病気です。
いわゆる膀胱炎といわれるときはこの単純性膀胱炎を指すことが多いですね。
このほかにも複雑性膀胱炎、出血性膀胱炎などいくつかの種類がありますが、ここでは単純性膀胱炎の治療についてご紹介しましょう。
これはそれほど難しい治療になることは少なく、病院で抗生物質の飲み薬を処方されますから、あとはそれを医師の指示通りに飲むといった治療になることが多いです。
(さらに…)

我慢が炎症を起こす?女性の膀胱炎について

教えて膀胱炎

女性の膀胱炎はなぜ起こる?

女性は膀胱炎になりやすいという特徴があり、実際になると排尿痛や頻尿、下腹部痛、残尿感など、いろいろな症状に悩まされやすくなります。
これら症状は膀胱に感染した細菌が繁殖し、炎症を起こしているのが原因なのですが、これを招く原因は日常生活の中にあります。
その一つとして知っておきたいのが、尿の我慢です。
忙しい方ほど日常的にやってしまうことも多いですから、よく知っておくといいでしょう。
(さらに…)

細菌による尿道の炎症

教えて膀胱炎

細菌と炎症

細菌が体内に侵入すると炎症が起こることがあります。
尿道に侵入すると、尿道での炎症が起こることもあるのです。
女性がなりやすいという膀胱炎とは、この尿道の炎症のことなのでしょうか?
膀胱と尿道は近い位置にありますから、尿道で炎症が起こると膀胱にも影響があるように思えるでしょう。
しかし尿道の炎症と膀胱炎とは違う病気になります。
これらがどういうものか、よく確認しておくといいでしょう。

尿道の炎症とは

尿道の炎症とは男性がなりやすい症状となり、女性の尿道で炎症が起こるといった症状はあまり多くありません。
女性の尿道は短いため、尿道に細菌感染が起こることよりも、その先にある膀胱での細菌感染の方が起きやすいのです。
男性はというと尿道が長く、こちらで細菌感染が起きることもよくあります。
比較的よくある尿道の炎症は、性病によって起こるものです。
クラミジアや淋病など、よくある性病に性器が感染すると、男性の場合は尿道炎が起こります。

尿道に性病を引き起こす細菌が入り込み、炎症が起きている状態です。
この炎症が起きると排尿時に痛みや違和感を生じるようになります。
尿道にかゆみや不快感を生じるという症状もありますし、尿道から膿が出てくるという症状もあります。
よくある性病として知られていますが、性病とは関係ない尿道の炎症もあります。
普段はあまりないのですが、抵抗力が落ちているときに尿道に雑菌が入り込んだ場合、同じく尿道炎が起きることがあるのです。
性病に感染する出来事がまったくない男性でも、尿道の炎症は起こりえるため注意が必要です。
いずれにしても原因は細菌の感染ですから抗生物質によって治療できます。

膀胱の炎症とは

女性によくある膀胱炎とは、尿道ではなく膀胱で炎症が起きている状態です。
原因はやはり細菌感染で、女性の場合は尿道が短いですから、尿道を通過して奥の膀胱で炎症が起きることが多いのです。
これになったときの症状は、排尿時の痛み、下腹部の痛み、頻尿、残尿感、尿の濁り、血尿などとなります。
女性の方でこれら症状が出たらそれは尿道炎よりも膀胱炎の可能性がありますから、そのつもりで病院を受診するといいです。
原因は細菌の感染ですから、こちらも抗生物質の使用で治療できます。

気になる症状は病院を受診

尿道や膀胱で起きるそれぞれの炎症ですが、どちらも病院の受診先は同じで、泌尿器科で対応可能です。
女性の方なら婦人科でも相談できるでしょう。
排尿時の痛みなど感じたときは、これら病院で相談するといいです。

女性の膀胱炎の特徴

教えて膀胱炎

女性ならではの病気

膀胱炎の特徴として知っておきたいのは、これは女性ならではの病気となることです。
膀胱での炎症となるこの病気は、男性ではほとんど起こりません。
女性だとこの病気は起こりやすく、多くの女性が一度は経験するといわれています。
これはそのような病気となるため、特に女性の方はよく知っておくといいでしょう。
(さらに…)

尿意のコントロール

教えて膀胱炎

尿意のコントロールに注意

尿意自体は自分の意思でコントロールできず、自動的に来るものですが、しかし尿意が来ても我慢するなど、ある程度のコントロールはできますよね。
実際にいつでもトイレに行けるとは限らないため、このような尿意のコントロールはほとんどの方が毎日やっていることになるでしょう。
しかし女性がないやすい膀胱炎について、再発防止を心がけるなら尿意のコントロールは適度に留めておくことが大事です。
尿意が来ているのにそれを我慢しすぎるなどすると、膀胱炎が起きやすくなるのです。
(さらに…)

膀胱炎は痛い?

教えて膀胱炎

膀胱炎の症状

膀胱炎は女性がなりやすい症状です。
これになったときは少し痛い思いをすることがあります。
代表的な症状の1つは排尿時の痛みになっているためです。
尿は1日に何度かすることになりますが、このたびに痛い思いをすることになるため、膀胱炎になると女性にとってはストレスとなりがちです。
(さらに…)